home

過払い金やグレーゾーン金利などのこれまでのカードローンの問題点は解消されました。
それまで利息の上限は出資法と利息制限法の2つの法律があり、それによって金融業者によってまちまちな対応がとられていたのですが、金利を一本化する法改正があり、金融機関によって利息の対応が異なることはなくなりました。
キャッシングする場合、利息制限法では10万円未満の上限金利は20%、10万円以上100万円未満までは18%、100万円以上になると15%と上限が一元化されたので、銀行や消費者金融などによって対応が異なることはなくなったのです。
これによってどの金融機関でキャッシングしても法律で定められた上限の利息以上は支払うことはありません。
私たちはカードローンを利用する時に、銀行にするか消費者金融にするか迷うところです。
しかしそれぞれ良い点があり、銀行は利息が安い、消費者金融は即日融資や一定条件下での無利息、クレジットカードはカード一枚でショッピングもキャッシングもできると言った利点があります。
私たちはそれらのメリットを比較して、自分自身に一番メリットが多いカードローンを選択して生活を楽しんでみようではありませんか。
http://cashing-merit.com/kinkaku.html