home

最近、健康や美容にいいとして水素水が注目されています。
なぜ水素水が身体にいいのか言うと、私たちが年齢を重ねるごとに発生するしわやたるみ、脳卒中などの病気の原因のひとつに細胞の酸化があげられるからです。
酸化とは、端的な言い方をしたら細胞が錆びてしまう状態です。
若いときは細胞が錆びないように自分の力で何とかできていたのですが、30歳を過ぎてくるとその力が徐々に弱まっていくとされています。
そのため、どんどん細胞が錆びてしまい、病気になってしまったりしわやたるみが出てしまったりするのです。
もちろん、それを止めるためには身体にいいとされるビタミンCやβカロチンなどがたくさん入っている食べ物を食べることが大切です。
そして、水素水にもその効力があることが認められています。
毎日飲む水を水素水に変えるだけで細胞が錆びてしまうのを抑えることができ、手軽に摂取ができるので人気があるのです。
もちろん、水の中に含まれる水素がそのような効力をもたらすのですが、実はその濃度はあまり関係ないとされています。
水の中にどれくらいの水素が溶けているかつまり、溶存水素の量というのは多いからと言ってたくさんの効力があるわけではないです。
ですのでもし、水素水に興味を持たれた場合は、溶存水素の量は関係ないことを念頭において商品を探すといいと思いますよ。